勝っても負けても楽しいテニスの草トーナメント。豪華なグルメ賞品が魅力のテニス大会!

menu

テニス グルメカップ

円高と円安
tennis player

テニスの団体戦の順番。
これがまた、勝つ為にはとても重要なポイントです。

結論から言うと「強い順番の決め方」のような秘訣はありません(笑)
と言うのは状況に応じて変えないといけないからです。

考える要素は大きく2つ。
一つは自分のチームの戦力。
そしてもう一つは相手チームの戦力。

この二つです。
ですが、実際問題、草トーナメントの場合、相手の戦力はわからない事が多いと思います。

もちろん、大会を勝ち進んでいけば、わかる時もありますが、多くの場合、わからないまま対戦する事になります。

その場合は必然的に自分のチームの戦力を考えて順番を決める事になります。
その場合、考え方は2つあります。

一つは強いペアから順番に出していくか?
それとも、逆に最後に強いペアを出すか?

基本的にはこの二つです。
では、この2つ違いは何か?

前者はチームに勢いを付けたい場合。
この場合は強いペアから出して、優位な状況を作って押し切ってしまう作戦です。
もちろん、強いペアは絶対に勝つ事が求められます。

それに対して、最後に強いペアを出す場合。
この場合は最後に出すペアが絶対的強さを持っている必要があります。

チームのメンバーが「最後に○○達がいるから大丈夫だろう」「自分たちが思い切ってやろう」
こんな気持ちになれれば良い作戦です。

ですが、絶対的強さではない場合、この作戦はあまり機能しない可能性があります。
絶対的に強くて最後の勝ち星を計算出来る場合のみに使うのがおすすめ。

以上が非常にシンプルな考え方です。
ただ、実際にはこんなに単純ではなく、その時々でチームの雰囲気やモチベーションが変わりますからね。

その状況に応じて、変化させるのはとても大切な事です。
いずれにしてもこのようにペアの順番をいろいろ考えるのもテニスの団体戦ならではの楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング