勝っても負けても楽しいテニスの草トーナメント。豪華なグルメ賞品が魅力のテニス大会!

menu

テニス グルメカップ

円高と円安
tennis

一般のテニスフリークの方がトーナメントに参加するとなるとやはり、公式戦よりもいわゆる草トーナメントに参加される方が多いと思います。
今日は草トーナメントの勝ち方について。

実は草トーナメントと公式戦のトーナメントとは大きく違う事があります。
それは、草トーナメントのほとんどが1日で大会が終わると言う事。

公式戦は大体が1日に1試合でスケジュールが組まれています。
ところが、草トーナメントは朝から始まった試合が夕方~夜、場合によってはナイタートーナメントもありますが。

いずれにしても1回戦から、決勝までをその日の内に終わらせます。
その為に、勝つ為には最低でも4試合~5試合は勝たないといけません。

実はこれってけっこう体力が要ることなんです。

当たり前の事ですが、トーナメントは勝ち上がるにつれてテニスのレベルが上がっていきます。
つまり、勝てば勝つほど、厳しい試合になります。

となれば、当然、体力的にも余力がないといけません。
「勝ち上がったけれど、もう体力ありません」状態ではダメです。

次対戦する相手はより体力も必要なわけですから。
つまり、草トーナメントで優勝しようと思ったらかなりの体力が必要になるわけです。

テニスの実力的には優勝するレベルを持っていても、決勝戦で体力負けしていると草トーナメントでは優勝できないんです。
案外この事に気がついていない方が多いです。

ある程度のところまで勝ち上がるのに、もう一歩のところで、調子が出ないで負けてしまうのは実は体力がなくなっている可能性もあるんです。
でも、そこに気がつかないと「調子が出なかった・・」で終わらせている方がけっこういます。

これって勿体ないです。
もう少し、体力が付けば、優勝に近づくことができるかも。

1日でスケジュールを消化する草トーナメントだからこそ、実はしっかりとした体力が必要なんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング