勝っても負けても楽しいテニスの草トーナメント。豪華なグルメ賞品が魅力のテニス大会!

menu

テニス グルメカップ

円高と円安
James ready to serve his game of tennis.

トーナメントに参加すると試合と試合の待ち時間が必ずあります。
実はこの待ち時間が案外曲者です。

この待ち時間の使い方が試合のパフォーマンスを左右するんですね。
感覚的な事なので言葉で伝えるのはちょっと難しいんですが、簡単に言えば、気が入り過ぎると空回り、逆に気が抜けてしまうと力が出ない。
こんな感じでしょうか。

待ち時間の間中、ずっと気を張り詰めていると疲れますし、いざ試合の時に空回りして、調子が整いません。
逆に待ち時間で気を抜きすぎると今度は集中することができません。

理想的なのは程よく緊張、程よくリラックスしている状態です。
これが待ち時間と大きな関係があるんです。

その方法は一概に言えませんが、私の場合は?
まず、次の試合が始まるまでの時間を大まかに掴んでおく。

そして、15分前まではしっかりと気を緩めてリラックスします。
15分前になったら気を引き締めて、集中力を高めて、ウォーミングアップを始めます。

こんな感じです。
もちろん、この時間は個人差があると思います。

私の場合は15分程度。
これは自分でいろいろ調整してみてください。

いずれにしても「リラックス⇒集中を高めていく」
この流れが重要です。

この流れが悪いと本番の試合でパフォーマンスを高める事ができません。
良かったら参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング