勝っても負けても楽しいテニスの草トーナメント。豪華なグルメ賞品が魅力のテニス大会!

menu

テニス グルメカップ

円高と円安

試合前にガットはしっかりとセッティングしておきましょう

tennis-racket-597505_1280

試合に参加するとなったらギアの調整もしっかりとしておきましょう。
当日使うギアに不安があるとそれだけでボールへの集中力が下がってしまいます。

まずは事前の準備を万端にして、できるだけ試合に没頭できるようにする事はとても大切な事です。
中でもまず、ガットの調整はしっかりとしておきましょう。

ガットはボールと接触する唯一のアイテムです。
「ラケットにはこだわるけど、ガットにはそれほど。。」
という方がおられますが、これはあまりよくありませんね。

実はラケットがボールを飛ばすわけではありません。
直接ボールと触れるのはガットです。

まさか、ラケットのフレームで打つわけではありませんからね。
と考えればガットがとても重要な事はわかるのではないでしょうか。

では、どのようなガットが良いのか?
これは実は非常に難しい問題です。

多分、結論はでないと思います。
と言うのはそのプレーヤーの好みがとても重要だからです。

ガットによって打球感や飛び方、回転の掛かり具合は全部違います。
ですから、「良いか?悪いか?」ではなく、どちらかといえば趣味嗜好に近いと思います。

と言っても最初のうちは自分がどのような好みを持っているかはわかりません。
ですからできるだけ、いろんなラケットで、いろんなガットで、いろんなテンションで打ってみることですね。

たくさん経験すればその中から自分の好みは必ずみつかります。

さて、話がちょっと脱線しましたが、試合前には自分の好みの状態にセッティングしておく必要があります。
ガットは張ってから時間と共に伸びていきます。
その為に打球感、打球の勢いが必ず悪くなります。

つまり、打球感、ボールの飛び具合が変わってしまっていると言う事です。
これを試合前に調整しておかなければいけません。

とは言うものの当日いきなり新しいガットを使うのは戸惑いがあると思います。
ですので、少し前に張り替えておいて、試合前の練習でセッティングを確かめておくのが良いですね。

こうして当日ガットに不安のない状態で試合に臨みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング