勝っても負けても楽しいテニスの草トーナメント。豪華なグルメ賞品が魅力のテニス大会!

menu

テニス グルメカップ

円高と円安
tennis

気温が高くなる季節は熱中症にも注意しないといけません。
試合中はどうしてもヒートアップしますので、自分が思っている以上に疲労します。
また、その時に暑さが重なると熱中症になる可能性が急激に上がります。

試合当日の気温が上がりそうであれば、熱中症対策もしっかりとしておきましょう。

熱中症の対策は?

十分な睡眠を取っておく
試合の前日は寝不足にならないようにしっかりと睡眠をとっておきましょう。

帽子をかぶろう
試合の当日は直射日光を浴びないように帽子をかぶり、試合が無い時はできるだけ影に入って過ごすようにしましょう。

水分をしっかり補給しよう
水分が不足しないように小まめに水分を補給します。
「喉が渇いた」と感じる前に飲む事が大切です。
コートチェンジの時には少しでも口に含むようにしましょう。

首の後ろを冷やそう
保冷剤等で首の後ろを冷やすようにします。
ここには頚動脈が流れているのでここを冷やす事で体温の上昇を防ぐ事ができます。
首を冷やすための熱中症対策グッズなどが市販されているのでそれらを利用するのもおすすめです。

熱中症になってしまったら?

万が一、熱中症になってしまったら無理をせず、試合は棄権するようにしましょう。
応急処置としては下記の事に注意してください。
・風通しがよい場所で衣類を緩め、水平位で寝る
・冷たい水と塩分を補給する
・体温が高い場合は、水で皮膚を濡らし、仰いで体温を下げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング