勝っても負けても楽しいテニスの草トーナメント。豪華なグルメ賞品が魅力のテニス大会!

menu

テニス グルメカップ

円高と円安
Tennis yellow ball in net. creative background

テニスには本来審判がつく物ですが、実際には草トーナメントでは「セルフジャッジ」が採用されています。
セルフジャッジとは簡単に言うとそれぞれのコートをそれぞれのプレーヤーが責任を持ってジャッジすると事です。

ライン内のボールは当然、「イン」です。
また、ラインに少しでもかかっていたら「イン」になります。
ライン上はアウトではありません。
時々勘違いしている方がおられるので注意しましょう。
また、疑わしいボールは基本的に「イン」としてプレーするのが好ましいですね。

ところが、残念な事ですが、自分に有利にジャッジするプレーヤーがいます。
もちろん、人はみんな完璧なジャッジができる訳ではないので、たまには間違える事もあるでしょう。

ですが、そうではなく、明らかに際どいボールは全てアウトとジャッジするプレーヤーがいるんですね。
本当に悲しい事です。

確かに勝負に勝つ事は価値のある事です。
ですが、やはり勝ちよりも前にもっと大切な事があります。
セルフジャッジの姿勢はその一つではないでしょうか。

草トーナメントに参加される場合は出来るだけ、気持ちの良いクリーンなジャッジをするようにしましょう。
みんなが楽しくプレーするにはとても大切な事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング