勝っても負けても楽しいテニスの草トーナメント。豪華なグルメ賞品が魅力のテニス大会!

menu

テニス グルメカップ

円高と円安
5.29

少し前にテニスの草トーナメントは会場ごとにコートサーフェスが違う事についてご紹介しました。
コートサーフェスが違うとボールのバウンドが全く違うのでテニスが大きく変わります。
実はそれと同時にテニスギアにも注意しないといけません。

中でもテニスシューズは特に重要です。
コートサーフェスに合わないシューズだと大変です。

テニスシューズには「ソール」と呼ばれる部分があります。
これは簡単に言えばシューズの裏側、地面に実際に触れる部分ですね。

このソールの形状はコートサーフェスによって違うように作られています。
例えば、ハードコート用、クレーコート用、オムニコート用、カーペット用などです。

それぞれのソールはそれぞれのサーフェスに応じてグリップするように作られています。
例えば、クレーコート用のソールは摩擦が少ない土のコート用の形状をしています。
その為に、クレーコート用のシューズをハードコートで使うとグリップが強すぎて足首に負担がかかりやすく、場合によっては捻挫したりする可能性があります。

逆にハードコート用のシューズをクレーコートで使用するとグリップが足りず、足元が滑って大変です。

このようにテニスシューズはそのコートに応じたグリップになるように作られています。
ですので、試合前には大会が行なわれるコートサーフェスを確認して、そのサーフェスにあったシューズを用意しておく必要があります。

シューズがサーフェスに合っていないとそれだけで大きな不利になってしまうので注意してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキング