勝っても負けても楽しいテニスの草トーナメント。豪華なグルメ賞品が魅力のテニス大会!

menu

テニス グルメカップ

円高と円安

ウィンブルドン2015 男子決勝の予想

roger-federer-519742_1280

いよいよ、フェデラーとジョコビッチの決勝ですね。
この対決あなたはどちらが勝つと思いますか?

私なりに予想してみたいと思います。
ずばり、私の予想は3-1でジョコビッチなんです。。。

気持ちはフェデラーに勝って欲しいですけど。
どうも難しそうです。

前回、フェデラーはマレーとの対戦、完璧とも言える試合をしました。
7-5、7-5、6-4のストレート。

確かに凄かったです。
テレビの解説なんかは「磐石な試合展開」と評されてましたけど、私はそうは見ていません。
試合中、苦しかったのは本当はフェデラーだったと思っているんですね。

と言うのはフェデラーはサーブで勝負を仕掛けて、先行逃げ切りのシュミレーションを描いていたはずです。
理由はとても簡単、ラリー戦になると分が悪いからです。
事実、この試合は長いラリーになるとほとんどがマレーに取られました。

これは対戦する前から分かっていたはずです。
だからこそ、ラリーをできるだけしない、サーブでのフリーポイントを取る事を主軸にゲーム展開を組み立てたのだと思います。

ですが、サーブは非常にデリケートなのでちょっとナーバスになると直ぐに確率は落ちるショットです。
にも関わらず、サーブで勝負するしかなかった、つまり、綱渡りのような作戦であるわけです。
ところが、フェデラーの凄いところはこの綱渡りのような作戦でしっかりと綱を渡りきってしまった事です。

また、マレーがそれに付き合ってくれたのもフェデラーにとっては好都合でした。
マレーはあれほど、絶好調なフェデラーのファーストサーブに対して、それを崩しに行こうとまともに勝負していました。
その為に段々フラストレーションを貯めて、最後に息切れ。。。
そして、ブレークを与えてしまった訳です。

もし、マレーが良い意味でフェデラーのサービスゲームを諦めて、自分のサービスゲームのキープに徹して、タイブレーク勝負を想定して展開していれば、また違った試合の流れになったかもしれません。

いずれにしても、マレー戦のフェデラーは綱渡りのような作戦でしっかりと綱をわたってしまったのが勝因です。
本当に凄いです。

では、ここからが今日の試合の予想です。
フェデラーは基本的にはマレー戦と同じ作戦で来るでしょう。
と言うより、それ以外に選択がないです。

対ジョコビッチではマレー以上にラリー戦でポイントを取る事は難しいです。
つまり、サービスで勝負を仕掛け、自分のサービスゲームは確実にキープする事。
そして、基本的にはタイブレークを想定しながら、チャンスが来ればブレークをもぎ取ると言う事になるでしょう。

ただ、先程も言ったようにファーストサーブの確率は非常にデリケートです。
もし、ジョコビッチのセカンドサーブのレシーブが良くて、プレッシャーをかけられるとファーストサーブの確率は直ぐに低下します。
こうなるとフェデラーは苦しいです。

自分のサービスゲームをキープするのに四苦八苦する事になるでしょう。
1つ崩れると一気に続けて落ちる可能性すらあります。
つまり、ジョコビッチとしては、フェデラーのセカンドサーブに対して、どれだけアタックできるか?
ここが鍵になるでしょう。

では、ジョコビッチのほうはどんな作戦を立てるか?
ジョコビッチがフェデラーのファーストサーブが好調である事を想定して、最初からタイブレークを持ち込む作戦を立てる。
これが1番確かな方法だと思います。
基本的にラリー戦になったらジョコビッチのほうが数段安定しています。
場合によっては6~7割のポイントを取るのではないでしょうか。

となればジョコは基本的にはサーブで勝負する必要がありません。
ただ、フェデラーにアタックされなければ良いのです。
こうして、サービスをキープし、チャンスを伺いながらタイブレークでセットを勝ち取る。

これが1番磐石な作戦でしょう。
逆に言えば、フェデラーはこれをされると非常に辛いです。
自分自身だけでファーストサーブの綱渡りをしないといけなくなるからです。
さっきも言ったようにマレー戦では、マレーがフラストレーションを貯めてくれましたからね。

そうやって考えると3-1でジョコビッチと言うのが私の予想。
良くて、ファイナルセットに入って、3-2ジョコビッチ。
下手したら、3-0もありえます。

では、フェデラーが勝つチャンスはないのか?
非常に難しいですが、無いわけではないと思います。

・ファーストサーブの確率とコース(フリーポイントを取り続ける)
・セカンドサーブに対するジョコビッチのレシーブが不調
・ジョコビッチのサーブが不調(特にセカンドサーブが浅くなってくれればチャンス大)
最低でもこの3つの条件が重なる必要があります。

この3つが重なれば、フェデラーがジョコビッチにプレッシャーをかける事ができるのでチャンスがやってきます。
特に序盤でこの流れができれば、対等に戦えるかもしれません。

さて、独断と偏見で勝手な予想をしましたが、実際はどうなるでしょうね?
今晩が楽しみです。

でも、本当はフェデラーに勝ってほしい。。。
何とか・・・
がんばってくれ!
フェデラー!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ランキング