勝っても負けても楽しいテニスの草トーナメント。豪華なグルメ賞品が魅力のテニス大会!

menu

テニス グルメカップ

円高と円安
Children at school during a dribble of tennis

全米オープンはジョコビッチの優勝で幕を閉じました。
フェデラーの応援をしていた私としてはちょっと残念でした。
今年はチャンスがあると思っていたんですけどね。

ところで、フェデラーと言えば、最近話題になっているのがSABR。
「sneak attack by Roger」の略ですが、ロジャーによる密かな攻撃と言う意味です。

どんな戦術か?と言うと相手のサーブの時にサービスライン付近まで前に行き、ライジングで相手のサーブを返球するという物です。

往年のチャンピオンのマッケンローはよくリターンダッシュをやっていましたが、その戦術をより速くしたようなものですね。

最近はリターンダッシュを使う選手が全くいないのでかなり有効のようです。
フェデラーがこのSABRを使った時に相手はかなりの確率で不十分なショットを返球しますが、それだけ、ライジングのショットが相手のタイミングを狂わす効果がある事を示しています。

錦織選手はベースラインからライジングショットを繰り出して相手を攻めていきますが、それのサーブ版はもっと効果があるようです。

かなり有効な戦術ですが非常に難易度が高いので誰でもできるというわけでは無いでしょう。
天才、フェデラーならではと言えるかもしれません。

ただ、錦織選手ならこの戦術を実行できるかもしれません。
彼ならボレーもこなせますし、この戦術を取り入れても面白いと思います。

1度見てみたい物ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ランキング